体が元気になる

体の不調を改善

交通事故治療の基本的な方針としては整形外科などに通い治療受け薬を飲むことが大切です。また、大阪などにはこれらの治療を行ってくれるところを見つけておくことが大切なので、快適なリハビリを行っていきましょう。

続きを読む

男性から注目

出張マッサージでは30代から40代のサラリーマンは是非とも前立腺マッサージを受けるようにしてみてはどうでしょうか。精神面や体力面を癒すことができるので、ストレス社会に欠かせません。

続きを読む

様々な面から治療

仕事の忙しさから肩こりや腰痛に悩まされるとき、それを解消しようとマッサージをしてもらうことがあります。市ヶ谷には整体のお店が沢山あるので、これらの治療を通してケアを進めていくようにしましょう。

続きを読む

気分転換と運動が大切

うつ病患者に必要な「気分転換」と「軽い運動」を促す整体

平成23年の厚生労働省の統計では、うつ病など精神疾患で医療機関を受診している人は320万人にのぼります。気持ちの面だけでなく、身体的な面で頭痛、腰痛、肩こりなどが伴い、気持ちの落ち込みに拍車をかけてしまうことも多いのです。 うつ病患者に対して、気分転換や軽い運動などが勧められていますが、その両方を一気にやることができる一つとして「整体」が挙げられます。 整体では整体師が患者に対して施術するだけでなく、患者が自分で意識しながら身体を動かすことを促すような施術が多いのです。 うつ病など精神的な病気の患者さんが生活の質を上げる方法の、一つの選択肢として整体に期待が寄せられそうです。

自分が行きたいときに行こう

しかしながら、うつ病患者は何をするにも億劫であったり、時間帯や日によっては何とか意欲があったりなど「波」があります。整体はうつ病患者が必要とすることを提供できる方法の一つではありますが、「何が何でも受けなくては」と自分で強迫的になっては逆効果です。 あくまでも、「自分が整体に行きたいとき」に行き、施術してもらいながら自分の身体を意識して向き合うことが大事なのです。 また、整体で「治してもらおう」と思うよりかは、あくまで「気分転換」や「身体を刺激する」ものと考え、落ち込んだ気持ちを解きほぐすために行くものだと認識することも大事なことです。うつ病患者は真面目で実直な人が多いこともあり、「治療」となると肩肘を張ってしまいやすい傾向もあるので、心身をリフレッシュするために、自分が行きたいときに行くことが大事だと思われます。